ブログ

梅雨のような雨天時のゴルフの困りごと

本日もご依頼ありがとうございます、 今日は昨日の大雨がうそのような天気でしたが、ここ数日梅雨のゴルフで苦労されている方が多くいらっしゃったようです。

梅雨のような雨天時のゴルフは晴天時のゴルフと違ってうっとうしい事が(レインウェアを着ると体が動かしにくい、眼鏡に雨の雫がついて視界が狭くなる、ダフリやすいなどなど)多々ありますが

多くのアマチュアゴルフーが感じている事って何だと思いますか?? 実は多くの人が雨天時のプレー中に感じている事が【グリップが滑る】と感じているんだそうです!! 

ひどい人は滑ってクラブが飛んじゃうんじゃないかと感じる人も・・  


これは日々ゴルフクラブのメンテナンスなどをしている私としては結構納得いく事でした!  


練習場も併設されているので日々いろんな方のゴルフクラブを見ることがあるんですが、

はっきり統計を取ったわけではないですが感覚的な割合では8割位の方がとっくに【賞味期限の切れたグリップ】をそのまま使用されている方が多数いらっしゃいます!

ただでさえ滑る【グリップ力の低下した】グリップなのに、雨天時に使用することを想像しただけで、(なんか指に力が入ってきてしまいます)

クラブが飛ばないようにグリップを力いっぱい握った状態でプレーしても良い結果はでなさそうですね。。   是非この機会にグリップ交換の検討行ってください!

グリップ交換の目安はラウンド数や練習量などにもよりますが、一般的なアマチュアゴルファーでも最低でも1年に一度の交換を行うと良いでしょう!


6月16日(火)も(通常営業)の8:00~21:00までの営業を予定しております。

ゴルフ練習場【スポーツ愛ランドイリエ】も、8:00~21:00までの(通常営業)となります。

長長尺シャフト(ドライバー)について

本日もご依頼ありがとうございます、 長尺ドライバーについて、一般的なアマチュアゴルファーが46インチ以上の長長尺ドライバーの使用は、(特別な事情が無い限り)全くおすすめいたしません!

おそらくヘッドスピードを速めるために長尺シャフトを使用されているのだと思うのですが、結果的に打点がまったく安定し無いため、飛距離は伸びないし、方向性も全く安定しないと想像いたします。

奇跡の一発のロングドライブを狙うのなら良いと思うのですが、ベストスコアを目指すゴルファーにはまず貢献しないことでしょう!

ドラコン競技にでるとかコンペのドラコン賞に俺は全てをかけているんだって言う方は全く否定致しませんが。。

PGA選手のドライバーの平均長さが45インチであることが答えになっているのではないでしょうか? 身長の高い外国人選手でさえ45インチ程なのに平均身長の低い日本人のアマチュア選手が46インチ以上必要なのでしょうか?


長尺でも46インチ程度をお勧めいたします。

6月15日(月)も(通常営業)の8:00~21:00までの営業を予定しております。

ゴルフ練習場【スポーツ愛ランドイリエ】も、8:00~21:00までの(通常営業)を予定しております。

スチールシャフトの寿命について

本日もご依頼ありがとうございます、 画像は先日リシャフトしたユーティリティーのシャフトですが、スチールシャフトにも寿命があることをご存じですか??

一般的には5年~7年などと言われたり、【折れるまでが寿命だ】など諸説ありますが、

まず第一に、折れるまでが寿命だなんて事は考えてはいけません!!

折れる可能性があるクラブなんて打ってはなりません!危険すぎます! 

人に当たってしまっては取り返しのつかない事になってしまいます。


それではどうやって寿命を判断すればいいのでしょうか?、日々の使用頻度や保存状態によって劣化度合いも違ってきます!

 

基本的に目視による日々のメンテナンスを行っていただきたのです!シャフトにひび割れや折れなどがあれば、すぐに使用を中止し交換を行ってください、

 

次に錆に注目していただきたいのです、シャフトで錆が発生しやすい場所がグリップの下のバットエンド部分とヘッドとソケットの間のシャフト部分です。

 

ヘッドとソケットの間のシャフトは目視でみる事が出来ないですが、グリップ交換の際にバットエンド(シャフト内部)をよく観察してみて

錆がかなり発生している場合は、シャフト全体もかなり劣化している状態ですので交換を検討してください、

次にシャフト表面を観察して小さい錆などが無いか確認してみてください

 

シャフトの表面はメッキ加工が施されていますので比較的サビにくいはずですが、錆がぽつぽつとある場合は交換の検討が必要となります!

 

シャフトの表面はメッキ加工されいてますがシャフト内部はメッキ加工されていませんので、表面の錆の状況よりさらに内部の錆の状態が悪い事が推測されます!


6月14日(日)も(通常営業)の8:00~21:00までの営業を予定しております。


ゴルフ練習場【スポーツ愛ランドイリエ】も、8:00~21:00までの(通常営業)を予定しております。

レディースグリップの交換工賃無料サービス

本日もご依頼ありがとうございます、 レディースグリップの交換工賃無料サービスを行っておりますので是非こちらもご利用ください。


6月13日(土)も(通常営業)の8:00~21:00までの営業を予定しております。


ゴルフ練習場【スポーツ愛ランドイリエ】も、8:00~21:00までの(通常営業)を予定しております。

フレックスMって硬いの?柔らかいの??

本日もご依頼ありがとうございます、 お客様から電話でお問い合わせを頂いた内容が【フレックスMってどうなん??】と言うご質問を頂いたのですが・・・


フレックスMは、基本的に海外モデルで主に採用されているフレックス表記で、日本で言うRシャフトより柔らかい【R2】に位置するフレックスなんですが

過去にフレックスMシャフトの装着されたクラブをワッグルしてみた際の印象が【めっちゃしっかりしている(硬い)】と言う印象だったので、

お客様に【かなりしっかりしていますよ日本モデルの RよりSに近い感じです】と言うなんとも(フワッ)とした感じの回答をしてしまったのです。


なんとも歯切れの悪い回答になってしまったので実際に計測してみました!

たまたまテーラーメイド ロケットボールズのシャフトがあったのでこちらに計測用のダミーヘッドを装着して振動数を計測してみました!


日本モデル RB-50 フレックスSシャフト  251CPM


海外モデル MATRIX OZIK XCON-5 フレックスMシャフト  255 CPM

なんと、日本モデルのフレックスSシャフトより 海外モデルのフレックスMシャフト(R2)の方が硬いと言った結果に・・  2フレックス以上の違いが


それでは、海外モデルのフレックスSシャフトは、日本モデルのフレックスXシャフトより硬いって事でしょうか??

なんとなく1フレックス程度の違いかなあと思っていたので2フレックス以上は意外な結果でした、これからは海外モデルをこまめに計測していこうと思います。

 

6月12日(金)も(通常営業)の8:00~21:00までの営業を予定しております。

ゴルフ練習場【スポーツ愛ランドイリエ】も、8:00~21:00までの(通常営業)を予定しております。